シッポノリンカク

映画好きで絵描き好きな曖昧模糊な記憶。又は、自由闊達な解釈。或は、落書きやネタバレ。

2016-10-02から1日間の記事一覧

ラベンダーと御醤油とワタシの記憶:時をかける少女(1983)

※以下ネタバレ注意です。 記憶を疑い、現実を見失いかけてしまう錯覚を感じる映画です。 時をかける少女は小説をキッカケに映画やアニメ、ドラマ、舞台化されています。今回はその映像化第1作目の作品、1983年の映画“時をかける少女”です。 最近の記憶では2…